galcia [NEW ITEM ] 2017 VOL.04

お世話になります。

新作のRINGが WEB UP されました。

HPでの検索は左上の
「商品カテゴリー」→「ACCESSORY」→「PIERCE」
で右上の「新作順」
で見れます。

WEB掲載以外の素材変更もできますので、
お見積もり、ご相談、お気軽にお問い合わせ下さい。

galciaでは、国内、海外のお取引先募集しております。
担当、白井までご連絡下さい。
f0157505_09581039.jpg
・EL SOL Y LA LUNA (太陽と月)
メキシコでは観光名所となっている、古代都市テオティワカンに
「月のピラミッド」「死者の大通り」と「太陽のピラミッド」があり、
民芸品からアーティストまでが太陽と月のモチーフを当たり前の様に使っています。
太陽と月、光と影、男と女、動と静、対照的ですが離れられない関係です。
f0157505_14233533.jpg
*ちょっとアンジーで合成してみました。笑

f0157505_10000487.jpg
f0157505_21505813.jpg
f0157505_22021265.jpg
f0157505_22020324.jpg



f0157505_10003290.jpg
・CALAVERA / カラベラ
(メキシコでのアートや民芸品で作られた頭蓋骨の呼び方)
メキシコには死者の日という、日本のお盆の様な日があります。
お墓をマリーゴールドの花でにぎやかに飾り付け、この季節に
我が故郷へ帰って来る大好きな死者(先祖の霊)を喜ばせるために、
街ではパレードや仮装行列が盛大に行われます。
DIA DE MUERTOS / DAY OF THE DEAD/ガイコツ祭、死者祭
とも言われます。

メキシコでは、死は消えてなくなるものではなく、生へと繋ぐもの、
再生を意味し、いつか必ず訪れる死を、笑顔で迎えられるように、
毎日を大切に楽しく生きていく、そんな思いも込められているそうです。

また、ガイコツには自由を意味するという説もあるそうです。
スペインの植民地だった事もあり、ガイコツになれば生前縛られて
いた人種や民族、肌の色が関係なくなるという理由だそうです。

・El dia de los muertos (死者の日) / スペイン語
ラテンアメリカ諸国における祝日の一つ。
特にメキシコにおいて盛大な祝祭が行われる。
アメリカやカナダ等に在住する同地域出身者の間でも同様の習慣が
継続されている。

メキシコでは2500-3000年前から、祖先のガイコツを身近に飾る習慣があった。
また、死と生まれ変わりの象徴として、他者(多くの場合は敵)のガイコツもトロ
フィーの様に扱われていた。

死者の日の祝祭は地域によって様々な形で生まれ伝承されてきた。
中でも、アステカ族には冥府の女神ミクトランシワトルに捧げる祝祭があった。
やがて、死者の貴婦人、カトリーナに捧げる祝祭へと形を変え、アステカ暦の
9番目の月を祝うようになった。これは現在の8月前半にあたる。
その後、スペインからの侵略を受け、カトリックの諸聖人の日と融合して今の形
になっていった。

カトリックの影響があるないに関わらず、世界中の国々に類似した習慣が残さ
れている。
https://galcia.cc/webshop/products/detail.php?product_id=2602-----------------------------------------------------------
Kustomhood Accessories galcia
mail: galciacc@gmail.com

HP: http://galcia.cc

154-0002
東京都世田谷区下馬6−20−12 BELEZA学芸大101

TEL 03-5433-3656
FAX 03-5433-3657
OPEN 12:00 CLOSE 20:00
-----------------------------------------------------------


by galciaTOKYO | 2017-02-18 10:02 | ACCESSORIES

HP: http://galcia.cc 〒154-0002 東京都世田谷区下馬6-20-12-101


by galciaTOKYO
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30